コロナ禍の出社で企業がとるべき対策とは

コロナ禍の出社で企業がとるべき対策とは

コロナ禍において、テレワークなどの勤務体系を導入する企業が増える一方で、出社を余儀なくされている方も少なくありません。出社に不安を感じる方が多いなかで、企業側には社員の安心につながる感染対策を実施することが求められます。

本記事では、オフィスで実施可能な感染予防策や、除菌と消毒の重要性などを紹介します。

コロナ禍の出社を不安に感じる人は多い

corona-attendance-company-measures2.jpg

※Fastask<お仕事に関するアンケート:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県にお住いまいの方100人に実施(2021年2月集計)>

コロナ禍において、出社することを不安に感じる人は多いでしょう。しかし、それでも出社せざるを得ない人も少なくありません。

オフィスでの仕事に不安を感じている人は79%

アンケートによると、「オフィスで仕事をしていて感染症への不安はありますか?」という問いに対し、約79%の人が不安を感じていると応えています。

また、通勤することに不安を感じる人も81.1%となっています。

週1回以上の出社をしている人は76%

社外秘の情報を扱う事務職や、不特定多数を相手とするエンドユーザー相手の営業職などはテレワークが難しく、出社せざるを得ない方が多いのが現実です。

アンケートによると、週1回以上の出社をしている人は全体の76%と、多数にのぼります。

オフィスで実施可能な5つの感染予防対策

corona-attendance-company-measures3.jpg

コロナ禍の出社が避けられない以上、企業側にはできる限りの感染予防対策の実施が求められます。

ここでは、オフィスで実施可能な感染予防対策5つを紹介します。

※参考:日本経済団体連合会 オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン

1. 感染予防対策の体制作り

第一に、経営トップが率先してコロナ禍における働き方や感染予防について意識すべきです。感染症法、新型インフルエンザ等対策特別措置法等の関連法令上の義務を遵守しましょう。

オフィスの環境づくりなど、資金面においてしっかりサポートを行うことで、現場の意識改革や感染対策の実施につながります。

2. 健康状態のチェックを徹底する

出社前の体温、症状の有無といった健康状態のチェックを徹底することも大切です。勤務中に体調が悪くなった場合は速やかに帰宅して自宅待機する、医師の指示に従うといったルールの徹底も必要でしょう。

3. 勤務中の感染予防対策

勤務中は定期的な手洗いと消毒を行う、マスク着用を徹底する、2メートルを目安に距離を取るといった基本的な感染予防対策の徹底を促しましょう。

複数人が使用する物、よく触れる箇所を極力減らす工夫も必要です。

合わせて、オフィス内は1時間に2回の割合で換気を行う、応接室や休憩室などはアクリル板やビニールカーテンで仕切るなど、環境面の整備も行いましょう。密集を避ける、入室前後の手洗い、定期的な消毒といった対応も大切です。

4. トイレでの予防対策

通常の清掃に加えて、感染予防を意識した使用時のルールを周知しましょう。トイレの使用後は便座などを清拭消毒する、蓋を閉めてから洗浄する、ハンドドライヤーなどの代わりにペーパータオルを使用するといった対策を徹底して行います。

5. 設備・器具の消毒

ドアノブや電気スイッチ、テーブルや椅子など、不特定多数が触れる場所は頻繁に消毒を行いましょう。ゴミはこまめに回収する、鼻水や唾液の付いたティッシュはビニール袋に密閉して捨てるといったルールも必要です。

なお、ゴミの回収など清掃作業を担当する従業員には、マスクや手袋の着用、作業後の手洗いなどを徹底させましょう。

コロナ対策として除菌と消毒が大切

corona-attendance-company-measures4.jpg

有効なコロナ対策として、企業が除菌と消毒を行うシーンは多いです。

ここでは、実際にどれくらいの企業が除菌・消毒を行っているのかを紹介します。あわせて、オフィス内で行いたい除菌・消毒の方法を紹介します。

オフィス内の共有エリアの除菌、消毒を行っている企業は64.4%

アンケートによると、オフィス内での共有エリアの除菌、消毒を行っている企業は64.4%に留まっています。

除菌・消毒は、企業側が積極的に行うべき感染症対策のひとつです。コロナ禍で不安を抱えながら出社する従業員を守るためにも、ぜひ実施しましょう。

オフィス内において有効な除菌と消毒方法

使用する場所・設備・器具に合わせて、次亜塩素酸ナトリウム溶液やエタノールを使用して除菌・消毒を行います。業務中に触れやすい部分を中心に、定期的な除菌・消毒を徹底しましょう。

従業員の不安を軽減するために感染症対策を実施しましょう

コロナ禍において、不安を抱えながら出社する方は少なくありません。企業側は感染予防対策の体制を作り、定期的な換気や除菌、消毒といったルールを周知すべきです。

従業員一人ひとりの意識を高めるためにも、積極的に環境の整備を進めましょう。

株式会社アーネストでは、新型コロナウイルスなどの対策に消毒・除菌サービスを提供しております。

消毒・除菌作業のご案内はこちら