サステナビリティ

SDGsへの取り組み

ナックグループ全体で取り組みを推進

ナックグループ全体で取り組みを推進

東証一部上場の株式会社ナックを中心としたナックグループは、グループ全体でSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みを推進中。アーネストもそのグループの一員として、持続可能な社会の実現のために、さまざまな取り組みを進めています。

活動の進化や情報発信拡大で社会に貢献

活動の進化や情報発信拡大で社会に貢献

今後、被災地復興支援やベルマーク寄贈、地域清掃など、これまでも行ってきた社会貢献活動にSDGsの考え方を織り込み、より社会や環境に役立つ活動へとアップグレードしていく予定です。また、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関する情報の発信や、新規ビジネスとSDGsの融合など、広い視野を持って行動していきます。

活動内容

ベルマーク運動(テトラパック回収)

1.ベルマーク運動(テトラパック回収)SDGs 4

「すべての子どもに等しく、豊かな環境のなかで教育を受けさせたい」という考えに共感し、全スタッフが協力してベルマークを収集・寄付。また、その一環としてベルマークの付いたテトラパック(紙容器)の回収・リサイクル活動にも賛同・協力しています。

寄付活動

2.寄付活動 SDGs 3

スタッフが社内に呼びかけを行い、古本や中古ソフトの回収活動を実施。その売上を認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」に寄付しました。

地域清掃美化活動

3.地域清掃美化活動 SDGs 3

行政が主催するボランティアイベントや、地域で自主的に行われている清掃活動などにもスタッフたちが積極的に参加。地域の皆様とのコミュニケーションを大切にしながら、美しい地域環境づくりに努めています。

清掃・ビル管理に関する
ご相談・お問い合わせ

フリーコール

平日 9:00~18:00 定休日 土・日・祝日