ビル清掃員の平均的な給料は

ビル清掃員の平均的な給料は

ビルを清潔に保つためには日常的また定期的な清掃が欠かせません。しかし清掃活動の多くは人力に頼るところが大きく、そのためビル清掃の求人は比較的多くあります。しかし、ビル清掃といっても仕事の内容はさまざまで、その仕事によって給料も変わってきます。

清掃活動としては室内清掃と室外清掃がありますが、室内清掃でも床、壁、天井、ドア、ガラス、調度品、照明器具、吸排気口、トイレ、給湯室などがあります。室外の場合には外壁やガラスの掃除、またビル周辺の掃除などがありますし、また実施回数によって日常清掃業務と定期清掃業務に分かれます。

ビル清掃は、メンテナンス会社や管理会社が手配して行うことになりますが、仕事の難易度によって費用も変わってきます。例えば外側の窓の清掃となると吊るされたゴンドラなどに乗りながら清掃活動を行います。

このさいには危険も伴いますし、ゴンドラを操作するための専門的なスキルが必要になるので、それだけ費用も高くなります。また高層ビルになれば、なるほど危険度も増します。
一方で室内清掃でも床や壁など手の届く範囲であれば、通常の清掃業務と変わりませんが、照明器具や吸排気口など高所にある場合には足場となる道具を持ち込むなどしなければならず費用も高くなります。


ビル清掃員の給料の平均は年収230年となっています。男性の場合には264万円で、女性の場合には199万円で女性の方がやや低めですが、どちらにしても月収にすると約18万円となります。

水準としては低い部類に入りますが、実際にはアルバイトやパートといった場合も多く、この場合にはさらに収入は小さいものになりますが、アルバイトやパートの時給単価は比較的、高く設定されていることもおおく数時間だけ働くといったこともできます。
このためアルバイトやパートの掛け持ちで行っている人も多くいます。また特殊なスキルを必要としないため比較的、高齢になってからでも始めることができる職業といえます。

なお、低い給料であるのは、あくまでも一般の清掃員であり会社でのキャリアアップを目指せば高い給与を得ることも可能です。また専門資格もありビルクリーニング技能士があれば資格手当が出る場合もあります。

ビルクリーニング技能士は、実務経験が3年以上必要で、実際の清掃作業の技術や清掃作業の積算の見積もりなどがテストされるもので、資格を有することで清掃作業監督者としての業務を行いやすくなります。