店舗清掃委託業者選びについて

店舗清掃委託業者選びについて

店舗清掃は来客者への印象をよくするためにも大切な業務の1つです。ですが、ある程度会社規模が大きくなってきたり、お店のスタッフにやらせるには負担が大きすぎるという場合に外部委託するケースも多いです。

ただ、スタッフ全員で毎日店舗清掃することで一体感や店舗への愛着を育てようと考えるお店もあり、委託を行なうかどうかはそれぞれのお店で異なります。

ただ、店舗清掃はその特性上、スタッフオンリーのエリアにも立ち入りが許されます。店舗の品物や情報を盗むことも可能ですし、盗聴器を仕掛けることだって簡単にできる中、信頼できる業者選びは大切になります。
安さだけで選ぶのではなく、実績のある業者を選びましょう。そのお店を訪れる来客者と接する機会もあります。挨拶や周囲への気配りなどの教育も行き届いた業者でないとクレームに発展する可能性もあります。

お店のスタッフや来客者が行き来するため、毎日汚れはでます。しかしながらそれを毎日すべて清掃してもらおうと思ったら業者に大量の人数を依頼しなければならなくなり費用もかかります。

人の出入りが多い場所を中心に行なう日常業務と月に1回や半年に1回程度、日常業務では落としきれない汚れを落とす定期的な業務の2つを、店舗ごとに実施サイクルを考えて行なってもらうようにしましょう。
この方法で、スタッフや来客者が快適で清潔だと考える環境が維持できるのです。定期的な清掃業務も必ず行なうようにしないと、普段人の出入りが少ないような場所でも1年もすれば汚れは溜まってきます。
たまにではあってもスタッフや来客者が訪れる以上、汚れが目に見えるようになる前にきれいにしておかないといけないでしょう。


清掃業者にはそれぞれ得意分野があります。窓拭きが得意の業者もありますし、タイルの汚れ落としを得意とするところもあります。日常清掃業務のみを行なうところもあります。

どこをお願いしたいのか考えた上で、複数の業者をそれぞれの場所別に使うのか、全体的な汚れをお願いするのか検討しましょう。来客者がいる時間には清掃を入れたくないと考えるのであれば夜間や早朝作業が可能な業者もいます。


作業内容が同じでも金額もそれぞれの業者で異なります。必ず相見積りを取った上で、他社と比較検討しましょう。
項目が細分化された見積りを出してくれる業者の方が、あとから追加料金が発生することもなく不当に料金請求されることもなく安心です。