自社ビルのフロア清掃のコスト管理

自社ビルのフロア清掃のコスト管理

企業ではフロア清掃をいろいろな形式で行っているのでは無いでしょうか。
ビルメンテナンス会社に委託している企業、自社でスタッフを雇用して清掃を行っている企業さまざまです。
どちらにしても、フロア清掃は欠かせないものであり業務を効率的に行うためには欠かせないものです。

しかし、企業の必要経費を削減しようと考える場合。
最初に見直す対象となるのは、フロア清掃の必要なのでは無いでしょうか。
清掃機材をレンタルし、自社で清掃員として人員を確保し。
ビル内を清掃させているという企業の場合、レンタル費用や清掃員の雇用コストもばかにできません。

しかし、実際に外部委託する場合はいろいろな心配ごとが出てくるものです。
毎日の清掃は不要で、必要に応じて清掃を頼みたい。
掃除だけでなく、ごみの回収もしてほしい。
清掃ついでに、植え込みの雑草抜きなどの雑用もしてもらいたい。
そう考えると、やはり自社で清掃要員を確保したほうが安全なのではないだろうか。
結論を出してしまうこともあるでしょう。

そういう企業様の要望が増えてきたことで、近年では清掃業者はいろいろな作業を代行しています。
単なるフロア清掃にととどまらず、社内の電球交換、ごみ回収、植え込みの水やりと雑草抜き等々。
相談次第で作業範囲は、かなり広くなってきています。

また、費用についてもまず費用ありきでの相談も可能なのです。
ほかにも雇用している、清掃要員を解雇するのも気の毒だとか。
今までの慣れた作業員でなければ、社員の仕事の邪魔になるのではないのだろうか。
等々、いくらでも不安は尽きないものです。

清掃会社に初めて頼もうとする企業様にも、清掃業者の乗り換えをお考えの方にも安心していただけるように相談を受け付けている清掃業者もあります。
見積もりも、検討しやすいように24時間以内にご返答をするという場所も多いようです。
見積もりも無料であるところもあり、よく清掃業者(ビル管理)先を選ぶのも大切になってくるのです。
可能であれば大手企業に選ばれており、それなりの規模の会社に見積もりを頼むのもよいでしょう。
小規模な業者より、丁寧かつ社員教育も行き届いている可能性が高いです。
また、大手業者であるからのノウハウやサービスも多く。コスト管理もされており想像以上に安い見積額を提示される可能性も高いといえるでしょう。
まずは、清掃のコスト管理をお考えの場合は相談から始められることをお勧めします。