オフィス清掃を依頼した場合に必要な料金

オフィス清掃を依頼した場合に必要な料金

オフィス清掃を従業員で行う会社もあるでしょうが、実際清掃業者に依頼することと比較してどちらの方がコストを押さえることができるのでしょうか。従業員で行う方が比較的コストは抑えられそうですが、実際はそうでもないのです。会社にとって従業員の稼働はすべてお金が発生します。

いわゆるタイムイズマネーです。掃除の時間も給料に反映しなければならず、さらに交代制で清掃を行うのであればシフトを作成する時間も必要となります。
このことから従業員を稼働させるよりも清掃業者に依頼する方がコストを押さえられる可能性の方が高いのです。

ではオフィス清掃における料金はどれくらい必要なのでしょうか。清掃業者によってもちろん異なりますが、デスク拭きやゴミ捨てなどの簡単なものであれば週2時間ほどで30000円程度です。
さらに週4回や毎日など頻度を増やすことで高くはなりますが割安にしている業者もあります。

給湯器や窓ガラス、エアコン清掃はオプションで別料金になったり、床のワックス掛けなども料金は異なりますがその頻度や難易度に応じて10万円や20万円必要になる場合もあります。

しかし、ワックス掛けやカーペット洗浄、エアコン洗浄などは素人には難しいこともあり、専門業者に依頼することで効率的に綺麗になります。
特にエアコンの洗浄や空気清浄機の洗浄は電気代を押さえるために必要なメンテナンスですので、長期間放置することで無駄な固定費を増やさなくてすみます。

またトイレの洗浄などはやはり従業員で行うと仕事のモチベーションに影響してしまう可能性もありますので業者への依頼がおすすめです。

オフィス清掃はそのオフィスに入っている業種によって必要な内容は異なりますので見積もりが必要となります。業務をスムーズに行うためには自社従業員を利用して清掃するよりは業者を利用する方が効率的だといえます。

専門的な技術によってハウスダストなどのアレルゲン物質を排除することで衛生面も信頼できますし、健康管理にも貢献できます。従業員の安心と安全、快適性を確保する上では必要な経費だと言えます。

オフィス清掃は部外者を社内に入れることになるため、最低限の管理と監視が必要になります。社外秘や顧客情報などを扱う場合はその使用に十分注意が必要です。

これらの情報を基に考え、オフィス清掃が高いのか安いのかの判断をしなければなりません。しかしオフィスの清潔は保つ必要がありますのでなにもなしというわけには行かないでしょう。