オフィス清掃業者による床の清掃方法

オフィス清掃業者による床の清掃方法

一定の美観を維持するためには、床に光沢が出るようにワックスを塗っている場合がほとんどですが、取れない汚れが発生する原因はこのワックスに汚れが入り込んでいることが原因です。
本記事では、オフィス清掃業者による床の清掃方法にちてご紹介します。

オフィスの床掃除で気を付けたいこと

視界に入りやすいため、汚れがあると特に目立ちやすい床には、日常的な清掃だけでなく、メンテナンスなども重要です。日常的な清掃として、掃き掃除や拭き掃除があり、掃き掃除によってホコリやゴミなどを無くします。

拭き掃除では、モップなどを使って付着した汚れを拭きとっていきますが、モップ拭きは正しい方法で使用する必要があります。モップを使用する場合には、乾いた状態では、汚れを取ることができません。

モップは水分を含ませた状態で使用する必要があります。水分が少ないと汚れが取れにくいので、水分を多く含ませる方が効果的ですが、あまり多すぎると他の人が歩行する際に、滑って転倒してしまう可能性がありますし、汚れが多い床に水分が多く残ると、モップの拭き跡が残ってしまう可能性がありますので、ある程度絞って使う方が安全です。

ただ、水分が多いほど汚れは取れやすいので、汚れが酷い場合は水分を多く使って拭いた後、水分が少ないモップで再度拭く方が早く綺麗にできます。

日々の掃除では取れない汚れもある

毎日掃除をしていても、次第に水によるモップ拭きでは取れない汚れも発生してきますので、その場合は洗剤を使用すれば効果的です。洗剤には色々な種類があり、主に中性やアルカリ性の洗剤があります。

それぞれ汚れに対する効果に違いがありますが、使用の際には皮膚に影響がある場合もありますので、手袋を使用した方が安心で。特にアルカリ性の洗剤は強力なため、使用する場合は手袋をつける必要があります。しかし、洗剤を使用しても取れない汚れもあり、その場合は専門技術が必要になります。

オフィス清掃業者に頼めば床の美観が保てる

オフィスなどでは一定の美観を維持することが望ましいため、業務に支障が出ないように美観を維持するためには、オフィス清掃を業者へ依頼すれば安心です。オフィス清掃の業者であれば、日常的な清掃を依頼することができますし、日常清掃で取れない汚れなども定期清掃などで対応することができます。

特に洗剤を使っても取れない汚れでは、洗剤と専用の機械を使用しての洗浄が必要になります。この機器があれば誰でも洗浄できるわけではなく、経験や技術を要します。

一定の美観を維持するためには、床に光沢が出るようにワックスを塗っている場合がほとんどですが、取れない汚れが発生する原因はこのワックスに汚れが入り込んでいることが原因です。
汚れを取るには、ワックスをある程度削り、再度ワックスを塗るという技術が必要となりますので、オフィス清掃の専門業者へ依頼すれば確実です。

アーネストは、清掃や空調管理に特化した建物管理が得意な会社です。
ビル清掃、オフィス清掃、店舗清掃、パチンコ店清掃、エアコン対応等の事なら当社にお任せください。

アーネストの清掃サービスはこちら