病院清掃の業者選びで失敗したくない!注意するべきポイント

病院清掃の業者選びで失敗したくない!注意するべきポイント

病院にとって「清潔感」は重要な要素です。医師や看護師、患者が安心して治療に専念できる環境を作るためには、館内のすみずみまで行き届いた、丁寧な清掃作業をしてくれる業者を選びましょう。
また、最新の衛生ノウハウのもと、病院清掃を任せられる感染症対策が整っているか、病院の規模に合った清掃作業ができるかといった点も重要なポイントです。

今回は、病院清掃の業者選びで注意するべきポイントを3つご紹介いたします。

病院清掃の業者選びで注意したい3つのポイント

病院清掃の業者を選ぶ際は、次の3つのポイントに注意しましょう。

1. 病院清掃を任せられる衛生知識・情報を持った業者を選ぶ

病院の清掃を任せるのであれば、病院清掃に特化した業者を選ぶべきです。新型コロナウイルスの流行によって、「感染症対策」が求められる昨今、体力や免疫力の低い人が多く利用する病院では、これまで以上に高度な衛生管理が求められます。

病院清掃のノウハウを持った業者かどうかを判断するには、次のようなポイントをチェックしましょう。

  • ・患者の嘔吐物など汚物の緊急処理を速やかに対応できるか
  • ・除菌ワックスや消毒用薬剤などを使用しているか
  • ・最新の衛生ノウハウを常に取得し、感染症対策に力を入れているか

清掃業者によって、除菌方法は異なるのでサービス内容を事前に確認しておくことをおすすめします。アーネストでは、最先端の除菌ミストを使用して消毒作業をおこなっており、人では手が届かない箇所まで除菌することができます。

アーネストの消毒・除菌作業サービスはこちら

2. 従業員の教育に力を入れているか

病院は清潔な空間であることが求められる場所です。妥協せず、丁寧な清掃をしてもらう必要があります。 また、医師・看護師・医療事務員・患者と、さまざまな人が利用しているため、イレギュラーな事態が発生することも多く、柔軟かつ迅速な対応ができる、質の高い清掃業者が求められます。


清掃業者によって清掃の質に大きな差が出る理由は、技術面よりも、従業員の「意識」です。従業員一人ひとりが高い意識をもって清掃に取り組み、清掃範囲の隅々まで丁寧な作業をしっかりと行う。これが、清掃業者の質につながるのです。

清掃そのもののテクニックは、経験を積めば誰でも向上するものです。しかし、清掃に対する意識は、ただ経験が長いだけでは培われません。
清掃への意識が高い従業員は、会社の熱心な教育によって育まれます。清掃技術に関する研修はもちろん、マナー研修を熱心に行っているかどうかもしっかりチェックしましょう。

3. 病院の規模に応じた清掃作業ができるか

中規模、または大規模病院の清掃業者選びで、とくに注意したいポイントです。中規模以上の病院を作業プラン通りに清掃できる業者は限られています。


清掃スキルが高い業者であっても、病院の規模に応じた人員を確保し、最適な配置することができなければ、清掃の質を保つことは不可能です。人員不足や配置ミスによって、最低限の清掃クオリティを維持できなくなってしまった場合、「病室の隅にホコリがたまっていた」などのクレームや、それ以上のトラブルに発展する可能性もあります。

業者の過去の取引実績、マネジメント経験豊富な従業員の有無などから、病院の規模に応じたプランニングや、また、それを実行できる体制が整っているかどうかをしっかり確認しましょう。

業者選びの際は必ず相見積もりをとる

病院清掃に限った話ではありませんが、業者を選ぶ際は、1社だけに見積もり依頼をするのではなく、最低でも3社以上から相見積もりをとりましょう。見積もりを比較することで、病院の規模ごとの相場を把握できます。

また、見積りの書き方には、業者ごとのスタンスや清掃に対する姿勢が現れるものです。金額の安さだけでなく、料金設定やサービス範囲が明確で、わかりやすい見積もり書を提示してくれる業者を選ぶことが大切です。

まとめ

ときには人の命を左右することもある病院の清掃は、徹底した衛生管理が必要な場所です。感染対策などの衛生ノウハウがあり、従業員が高い意識を持って、丁寧な清掃作業を行ってくれる業者を選ぶことが大切です。

また、病院の規模に応じた適切なプランの提案や、プラン通りに実行できる体制が整っているかどうかも重要なチェックポイントです。質の高い病院清掃なら、株式会社アーネストにお任せください。徹底した管理体制と作業内容を適正価格でご提供いたします。

新型コロナウイルス対策として、厚生労働省消毒剤推奨品の薬剤を使用した除菌・消毒サービスも行っておりますので、ぜひお問い合わせください。